選手権大会西支部予選・2回戦〜延長タイブレークで惜敗

全国出場を目指した本大会の2回戦、三鷹ボーイズは延長タイブレークで惜敗しました。

5回裏の攻撃を迎えた時点で0対4。ヒットは出るもののあと1本がなく、1点が遠い展開でしたが、この回に1点を返すと、続く6回裏には鷲田主将のホームランで同点。6回表から先発・庄司選手をリリーフしていた鷲田主将ですが、じつはこの同点打のベースラン中に腰を痛めていました。故障をおしてマウンドにあがった7回途中、1点を失ったところで限界となり、無念の降板。それでも、1点のビハインドで迎えた7回裏、代打・藤田選手のヒットで再び同点に追いつきました。最後の選手権大会となる3年生の必死のプレーが光ったゲームでした。[試合スコア

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告