西支部春季大会ベスト8で2012年シーズン開幕〜三鷹ボーイズ

2012年度シーズン幕開けの公式戦、西支部春季大会で、三鷹ボーイズはベスト8に入りました。

2回戦は14安打の圧勝。すべて打点のつく得点で、持ち前の長打力をいかんなく発揮し、投手陣は相手打者を被安打1に押さえ込みました。3回戦は、初回に先行したもののその裏に大量点を失い逆転される苦しい展開。それでも、好調な攻撃陣は9安打を放って小刻みに得点を重ね、6回に同点に追いつき7回延長タイブレークに持ち込む粘り強さを見せました。しかし、タイブレーク方式の延長戦は運次第です。この日の三鷹ボーイズには運がありませんでした。無得点で終わった7回裏、サヨナラ負け。残念!

昨年の全国大会予選での準優勝を契機に、三鷹ボーイズは優勝争いに絡むチームになるんだ、そうでありたい、という機運がスタッフ・選手の間に高まっています。その試金石だった今大会、チームの戦いぶりは、今後に期待の持てる内容でした。[試合スコア

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告