第1期生卒団お別れ試合〜3年 vs 2・1年生


クリスマスの25日、三鷹ボーイズ第一期生が3年間通ったホームグラウンド、野川大沢グラウンドに集まり、最後の試合に臨みました。2・1年生とのお別れ試合。2・1年生は、3年生が気持ちよくプレーできるよう、グラウンドの小石をいつも以上に丁寧に拾いました。

試合前の恒例、小石拾い

試合は、3年生が伊達優大投手・佐藤旭捕手の黄金のバッテリー、対する2・1年生は鷲田健太投手・山本勝利捕手のバッテリーで始まりました。練習試合や紅白戦とも違ったリラックスした雰囲気で、最後には父兄や監督も代打で登場するなど、思いっきり白球を追う3年生には笑顔が絶えません。三鷹ボーイズを卒団する第1期生は、いよいよ甲子園を目指します!

広告

コメントは受け付けていません。